運営における基本方針

弊社では以下の方針に従い運営・管理いたします。

ゲスト様がチェックインの際に利用する「アクセスガイド」や、お部屋の設備の利用方法を確認する「ハウスマニュアル」は全て弊社で作成したものを利用させていただきます。
弊社では複数の物件を管理しており、ゲスト様対応における社内オペレーションを効率化するためにマニュアルの統一化を図っております。また、募集サイトには弊社で作成した図面(間取り図)を掲載させていただきます。こちらも社内スタッフとゲスト様とで共通認識できるものを持たせ対応をスムーズにすることが目的です。

オープン前に弊社に鍵を3つお渡しいただきます。
 ゲスト様の通常利用分
 ゲスト様が1を紛失された場合の緊急時の利用分
 2の事態になった際に複製する分

住宅宿泊事業法の施行規則において「居室の床面積は宿泊者一人当たり3.3 ㎡以上を確保すること」とあります。
つまり、ある程度の平米数がある物件では多人数を収容することが可能です。しかし人数の多さに比例して近隣住民から騒音のクレームが発生するリスクが高くなります。近隣住民への配慮のため弊社が判断する適正な人数を設定させていただきます。
具体的な判断基準としまして以下の通りです。
・窓の位置や形状
・壁の厚さ
・室内の天井高(声が反響し外に音が漏れやすいか)
・立地、周辺の住環境
これらを踏まえ、宿泊できる収容定員を施行規則の算出方式より少なくさせていただくことがあります。
弊社は運営会社としてオーナー様の収益を追い求める責務がありますが無茶な運営による収益の代償から近隣の方々に迷惑をかけるような行為はしたくありません。中長期的な投資を継続できるよう近隣クレームを避ける運営管理を心がけておりますので何卒ご理解の程をお願いいたします。

原則、本日から起算して3か月以内のご予約しかお受付しません。

原則、予約することができる最大の宿泊日数を7日~10日の間で設定させていただきます。
設定理由は以下の通りです。
・室内を定期的に清掃したいため
・長期間ゴミをお部屋に溜めないようにしたいため

原則、当日予約は受付しませんので、当日にお部屋が空いている状態でも当日のカレンダーはブロックされる設定にしております。ほとんどの施設が現地にスタッフがいない無人施設のため、急な予約が入った際の準備対応ができない可能性があるためです。例外対応として現地にスタッフがいる施設に関しては当日予約を受付いたします。

掲載写真の変更や募集要項の変更が必要な場合、先々のカレンダーを一旦すべて手仕舞い(カレンダーブロック)し、室内の変更作業完了後に、募集ページを刷新してからカレンダーオープンをし募集開始の手続きを取らせていただきます。
ゲスト様が予約した時点での室内状況と実際のお部屋で乖離がある場合、クレームに発展する恐れがあるためです。

ゲスト様に迷惑をかけたくないという観点から、行政の室内定期検査や消防点検(機器点検や総合点検)などのお日にちはあらかじめ予約が入らないよう手仕舞いをかけさせていただきます。

弊社で管理させていただく物件では「パーティー、宴会、〇〇会、打ち上げ、大音量で音楽を掛けダンスなどをする行為」を目的にご予約される方々をお断りしております。ほとんどの施設が住宅街に位置し、運営開始後にゲスト様の騒音により近隣住民に迷惑を掛けたくないためです。
以下の要件に該当する物件の場合、室内に騒音を出さないよう注意喚起の看板を設置させていただきます。

4名以上収容できる物件
ロフトやスキップフロアなど天井高のある物件

また、運営開始後、近隣から一度でも騒音クレームが来た場合は以下の対策を実施させていただきます。
〈募集上での対策〉
・掲載写真のTOPを注意勧告入りの画像に差し替え
・最低宿泊日数の設定(例:最低1泊~ → 最低2泊~)
・最大収容人数の減少(例:8人収容→5人収容)

〈設備対策 並びに 抑止効果を期待した対策〉
・玄関外側にカメラを設置
・玄関外側に騒音禁止の看板を設置
・室内に騒音検知器の設置
・室内に受信専用電話機の設置
・窓ロックの設置
・二重冊子の設置
・宿泊客の利用可能スペースの制限

予約されたゲスト様が滞在中に騒がれて近隣からクレームが来た場合で、ゲスト様に直接注意勧告をしたにも関わらず改善の余地がない場合は、強制的にチェックアウトをしていただく手段も取らせていただきます。

全施設、募集時には禁煙で募集をさせていただきます。ただ、複数人で予約をされた場合、予約者は禁煙者でもメンバーの中に喫煙者が紛れ込んでいるというケースは多々あります。そのため、喫煙場所を設けないと稀にモラルがない利用者が喫煙されポイ捨てをされるということもあります。オープン前の物件調査の段階で喫煙指定場所を取り決めさせていただきます。

弊社では室内に設置するゴミ箱の仕様を以下の決めております。

・30リットル~45リットルの蓋付ゴミ箱2つ(可燃用とプラスティック用)

・縦型の3段ゴミ箱(缶、瓶、ペットボトル分別用)

なお、多人数が収容できる物件に関しては、ゴミ箱の数を増やすことがあります。

弊社で管理させていただきます物件で利用するシーツやタオルは全て、リネンサプライ業者提供のものとさせていただきます。

一般的な消耗品とは別で以下のものを格納した緊急時用ボックスを設置させていただきます。
・電池(単三×2、単四×2、電池の必要なガスコンロ設置物件の場合は単一×2)
・排水口用ネット×2
・電球(E17口金×1、E26口金×1)
・害虫駆除用スプレー

使用頻度が高く劣化しやすいものは定期的に交換していただきます。
(例)
・敷布団、掛布団、枕
・スリッパ
・調理器具一式
・お箸、スプーン、フォーク、ナイフなど
・お皿やコップなど
・ラグやカーペット
・畳

破損や汚損については、状況証拠の収集(主に写真)をし、ゲスト様に事実確認を実施します。ゲスト様が非を認められない場合は、OTAの保険や加入された宿泊施設用の保険を適用し修繕する手続きをいたします。

鍵やポケットWi-Fi、その他室内の備品をゲストさんが紛失された場合は、ゲスト様に事実確認をしたうえで、損害賠償の費用を請求する手続きを取らせていただきます。