民泊とは?

民泊とは、空き部屋を短期間で貸したい人と、旅行などで宿泊施設を借りたい人をマッチングするバケーションレンタルというサービスの一つです。

最も有名で代表的なサービスとしてAirbnb(エアビーアンドビー)が挙げられます。
2018年6月15日に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され全国で民泊が解禁されました。(家主不在型の民泊運用においては住宅宿泊管理業者への業務委託が義務付けられております。)

海外系予約サイト・国内系予約サイト

世界中多くの人が、旅行や出張など様々な目的で
Airbnbのような民泊サイトを活用しています。

ホテルよりも安く宿泊できることに加え、商用のホテルでは味わえないさまざまな建物に宿泊できることが魅力として挙げられ世界中で利用者が急増しています。ホテルや旅館も宿泊先として良い選択ではありますが、それでもAirbnbのような民泊サービスを利用する方たちが増え続けるには、ホテルなどでは味わうことのできない「体験」に価値を見出しているためです。

価値ある体験を求めるゲストのための民泊サービス

例えば、

  1. ・旅行先の現地の人たちがしている生活を体験してみたい!
  2. ・自分の好みにあったオシャレな空間で滞在してみたい!
  3. ・近所のスーパーで買い物をしてキッチンで料理を楽しみたい!
  4. ・ホストと連絡を密に取り合うことにより、

現地の人しか知らない隠れ観光名所やレストランに行きたい! 等

つまり、ゲストの多くは「価値ある体験を買う」ために民泊サービスを利用しています。また、家やお部屋を提供するホスト側からの目線として「新しい空室対策」である民泊運用は、昨今の海外からの旅行客増加により需要も拡大しているため注目を浴びており、ここ名古屋でも民泊サイトを利用して宿泊先を探す方々が急増中です。

観光客・イベントの増加で見込める集客

近年急増している訪日観光客の影響や2020年に開催される東京オリンピックに向けて、日本政府は、空き家問題や宿泊施設不足の解決や外国人旅行客誘致に繋がるAirbnbのような「民泊」に注目しており、今後もAirbnbのような民泊サービスが急速に広がると予想されています。

Airbnb以外の民泊仲介サイトとしては、HomeAway、agoda、住百家、自在客、AsiaYo!、STAY JAPANなどもあります。

名古屋民泊
サポートとは?

空き部屋や空き室を民泊マッチングサイトを通し世界中の人々に発信し、収入を得るためにサポートする営業エリアを名古屋市に特化した代行サービス業者です。
サービス内容は、オープン準備代行からメール運営代行、お部屋掃除代行までワンストップでサポートしております。

外国語の問い合わせメールの対応ができない
Airbnbのような民泊サービスで
部屋を提供したいけど
何から手をつけたら良いのか分からない
トラブル対応はどうすれば良いのか分からない
などなど...

Airbnbのような民泊サービスに興味があるけど
煩雑なことはしたくないという方は
是非、名古屋民泊サポートをご活用ください。

名古屋市特化で完全地域密着

名古屋民泊サポートは全国展開する大型ショッピングモールではなく、「町の専門店」のような存在です。
エリア特化で情報を蓄積しゲストに対しての提案力を常に磨いております。ゲストに寄り添ったきめ細やかな対応 土地勘を生かしたおもてなしを実現いたします。

痒い所に手が届くフルサポート

お部屋の準備から顧客対応、清掃会社との連携によるスケジュール管理までワンストップで代行いたしますので遠方にお住いのオーナー様でも安心です。お部屋の準備に関してはリフォームからインテリアコーディネートのご相談も承ります。お客様の運用におけます負担を軽くすることができます。

  1. 日本語

    日本語

  2. 英語

    英語

  3. 中国語

    中国語

  4. 韓国語

    韓国語

自社で簡易宿所の営業許可を取得し、ゲストハウス・ホステル運営

大規模リノベーションからインテリアコーディネート、営業許可申請、集客、顧客対応まで一貫して自社で実施する「300Hostel」を運営。
生でゲストと触れ合える”場所”を自社で持っております。
民泊だけではなく営業許可申請などもサポートしております。

選ばれる理由
01

実績

旅館業法の営業許可物件+民泊物件累計100件以上
ゲストからの高評価を意識した顧客対応

ゲストからの質問も迅速・丁寧にお応えすることが可能です。万が一トラブルが起こった際も現地への出張も可能です。

名古屋市内代行件数90件以上の画像

旅館業法の営業許可物件+民泊物件
累計100件以上

  • 顧客満足度の高い運営の画像01
  • 楽天 LIFULL 運用代行アフィリエイトパートナー

顧客満足度の高い運営

Airbnb
の例

選ばれる理由
02

実例

選べる豊富なインテリアコーディネート

民泊提供に特化したコーディネートサービスでゲスト様に安らぎや刺激を提供。コーディネートを最大限に生かした高級感を醸し出す写真の撮影も弊社でお受けいたします。
※コーディネート事例は弊社の会社案内ウェブサイトでご覧いただけます。

選べる豊富なインテリアの画像01

選べる豊富なインテリア

  • 選べる豊富なインテリアの画像02
  • 選べる豊富なインテリアの画像03
選ばれる理由
03

取り組み

民泊運営においての取り組み、
重視していること

ゲスト(宿泊者様)の満足度、安心・安全性、衛生面の確保のアイコン

ゲスト(宿泊者様)の
満足度、安心・安全性、
衛生面の確保

ゲストへの安全性や衛生面への確保はもちろん、独自のノウハウできめ細やかなサービスを提供し、「街の良さを知れた!」や「また宿泊したい!」と思っていただくようゲストへの最高のおもてなしを提供いたします。

特に海外から名古屋へ来られる外国人観光客の多くは初めて日本に来るという方よりも、過去に東京、大阪、京都などに訪れたことがあり、そこで日本の良さを知り、2回目以降の訪日観光で名古屋を選んでいただいたという方が多く見られます。つまりは旅慣れた観光客が多く、そのような方々に対して、日本の良いイメージを損なわせず名古屋の魅力を感じていただくことが弊社の任務でもあります。
ただ、民泊はホテルではなくあくまでも一般住宅を活用した宿泊施設になりますので、ゲスト側でお守りいただく「ルール」もたくさんございます。
そのようなルール作成し、周知徹底もきめ細やかに対応させていただきます。

ホスト(オーナー様)の収益の最大化のアイコン

ホスト(オーナー様)の
収益の最大化

オーナー様の手間が掛からぬよう、民泊の運営に関わる全ての業務を弊社で代行いたします。2018年6月15日に住宅宿泊事業法が施行され、民泊運営においては最大営業日数が180日と決められております(旅館業法に則った営業許可取得物件の場合、営業日数の制限はありません)。民泊運営においては180日間での営業をいかに濃密にするかが重要になり、周辺相場を鑑みたうえで無理な値下げは敢行せず、また繁忙期にはしっかりと単価をあげるなど宿泊費の調整が必要不可欠になります。

よくご質問にあるのが「180日営業完了後の残りの日数をどのように活用するか?」です。部屋に設置してある家具や家電を有効活用できる、いわゆるハイブリットや二毛作と呼ばれる民泊+家具家電付マンスリーの提案や導入も弊社では可能です。ただ、マンスリーに関してはいくら賃借人と定期借家契約を交わしたとしても不良入居者による居座り問題リスクやそれに伴い民泊運営の繁忙期に民泊として営業できない可能性がゼロではないことから慎重にご提案はさせていただきます。

何より民泊運営においては180日営業でもしっかり利益が残るというスキームが最低限必要になってきます。

近隣・地域住民への配慮のアイコン

近隣・地域住民への
配慮

ゲストを受け入れる際の懸念事項として「ごみ・騒音・宿泊マナー」等の問題が挙げられ近隣住民からのクレームをご心配される方もいらっしゃいます。
弊社では代行業務を名古屋市に特化しているからこそ、万が一のトラブルなどには速やかに対応致します。

ごみに関してですが、民泊運営で出たごみは事業用として判別されるため、業者での回収が必須になりますのでルールを守るよう徹底しています。騒音に関しては夜間だけではなく日中も注意するよう周知徹底しております。また、共同住宅の場合においては室内だけではなく建物周辺、エントランス部分など共用部分、ベランダなどでも音のご配慮をしていただくようルール化しております。
宿泊マナーに関しては、例えばゲストとのやり取りにおいてトラブルに発展しそうだと感じた場合、事前に宿泊依頼の拒否を実施します。旅館業法の営業許可物件と異なり、住宅宿泊事業法の届出物件は宿泊拒否権限があります。

ほとんどのゲストが良識を持って行動されますが、近隣住民に対し騒音やマナーによりトラブルへ発展しないよう配慮徹底しています。

オープン準備サポート代行のアイコン02

オープン準備サポート代行

民泊運営を始めようと思っても何から取り掛かればいいか分からない方も多いはずです。
オープン準備サポート代行ではリフォームの手配から予算に応じた家具などのインテリアのコーディネートのご提案、家具の手配から設置まで、また実際にホームページに掲載されるお部屋紹介写真の撮影から掲載、ゲストに魅力をお伝えするリスティング文の作成、ゲストが迷われないように写真を入れたAccess Guide(アクセスガイド)の作成、家電の使い方などやゲストが気持ち良く滞在してもらうためのルールが記載されたWelcome Guide(ウェルカムガイド)の作成など 何かと手間の掛かるオープンに必要な準備を代行させていただくサービスです。

具体的に何をするのですか?
料金プラン

オープンサポートパック

アカウント作成のアイコン
アカウント作成
写真撮影のアイコン
写真撮影
リスティング文作成のアイコン
リスティング文の
作成(日・英)
ウェルカムガイド作成のアイコン
ウェルカムガイドの
作成(日・英)
ハウスルール作成のアイコン
ハウスルールの作成

¥65,000(税別)

単品でご注文されるよりも8,500円も
お得なパック
もちろん単品でのご注文も可能です。
アカウント作成のアイコン

アカウント作成

¥6,000(税別)

写真撮影のアイコン

写真撮影

¥19,000(税別)

リスティング文作成のアイコン

リスティング文の作成(日・英)

¥8,500(税別)

ウェルカムガイド作成のアイコン

ウェルカムガイドの作成(日・英)

¥35,000(税別)

ハウスルール作成のアイコン

ハウスルール作成(日・英)

¥5,000(税別)

リフォームのご提案

別途お見積り

家電の買付、設置作業

実費+18,000円(税別)

リネン、必需品、キッチン回り、消耗品等の買付、設置作業

実費+15,000円(税別)

家具のインテリアコーディネート

実費+コーディネートフィー(税別)

メール運用代行のアイコン02

メール運用代行

システムによる
自動返信

迅速な対応 × 返答率のキープ

オペレーターによる
手動返信

丁寧 × きめ細やかな対応

宿泊希望者との最初の接触場面であり、宿泊予約獲得の重要なステップです。名古屋民泊サポートでは、あなたに代わり丁寧かつ的確に対応いたします。

当月の予約状況やオンシーズン・オフシーズンなどを考慮し、売上が最大化するよう、予約管理を行います。
もちろん、オープンにあたって事前にヒアリングした運営方針に沿って予約管理しますので、ご安心ください。
一定期間やり取りに間が空いてしまった宿泊希望者に対しても、放置せずに対応いたします。後追いでの連絡をすることで相手方の満足度向上、次回宿泊予約へとつながることがあります。

また、宿泊者からの質問には全て弊社が対応します。予測のつかない時間、内容の質問でもご安心ください。
万が一、トラブルがあった際は必要に応じて事前連絡・事前相談をし、緊急度が高い案件に関しては迅速的確にこちらで出張するなどで対応し、対応結果を報告いたします。
問合せや予約を増やすことにおいて非常に大事になるのが宿泊後のレビューです。
宿泊者のレビューを毎回丁寧に書くことで、良いレビューの獲得及びレビューの公開へとつなげます。

具体的に何をするのですか?
料金プラン

メール運用代行

¥3500+月間売上15%(税別)

3500円は1部屋に毎月固定でかかり、手数料15%に関しては総売上から清掃費を引いた宿泊費に乗じた金額になります。
お部屋掃除代行のアイコン02

お部屋掃除代行

意外と手間が掛かり重労働な部屋そうじ。Airbnbのような民泊サービスにおいてもホテルや旅館と同様にお部屋の快適さが求められています。
名古屋民泊サポートは忙しいあなたに代わって清掃サービスも提供しております。
※清掃業務は「民泊清掃に特化した清掃業者(リネンサプライ会社のシーツやタオルを扱っている会社のみ)」と複数提携しており、アウトソースしております。

具体的に何をするのですか?
料金プラン

1Room,1K,1DK,1LDK,2K (~40㎡)

¥5,500(税別)

2DK,2LDK,3K(~60㎡)

¥7,500(税別)

3DK,3LDK(~80㎡)

¥9,000(税別)

4Room以上、戸建

別途御見積

オープン
までの流れ

物件調査ヒアリングのアイコン

物件調査
ヒアリング

プランニングを提出のアイコン

プランニングを
提出

ご契約のアイコン

ご契約

準備スタートのアイコン

準備スタート

オープンお部屋の運営開始のアイコン

オープン
お部屋の運営開始

収益
シミュレーション

事例1築20年以上ファミリー向けマンション×民泊(180日営業)

実質利回り
173
物件詳細
所在
名古屋市西区
アクセス
最寄駅から徒歩5分
間取り
3LDK(65㎡)
収容人数
8人
形態
賃貸マンション1棟まるごと自己保有

収支項目

初期費用
物件取得費(仲介手数料/敷礼 など) 0円
届出/消防法における必要設備/建築基準法における必要設備/家具/電化製品/その他運用において必需品/インテリアコーディネートフィー/オープンサポート費用 など 1,500,000円
初期費用 合計 1,500,000円
月額収益
1泊あたりの宿泊費単価(清掃費除く) 21,000円/日(8名宿泊時)
180日営業した場合の宿泊費売上 3,780,000円/年
1か月あたりの売上(年間売上÷12か月) 315,000円/月
サイト掲載手数料 ▲ 9,450円/月
電気・ガス・水道 ▲20,000円/月
消耗品 ▲ 5,000円/月
インターネット ▲ 5,000円/月
不在型民泊用Check in Systemサービス ▲ 3,000円/月
火災保険料 ▲ 1,300円/月
代行手数料 ▲50,750円/月
その他諸経費 ▲ 4,000円/月
オーナー様の利益/月 約216,500円

収容人数が7~8名の場合、ファミリー観光客や友人同士のグループ観光客がターゲットになります。

8名収容で1泊単価を21,000円に設定すると1名あたり単価が2,625円となり、他の宿泊施設と比較しても価格面での訴求力は高くなります。
(1年通して180日で営業し利益を残すということで、無理な値下げをせずに、繁忙期にはさらに単価をあげ、いかに濃い180日で営業するかが重要になります。)

当物件は一般的な賃貸で募集した場合だと、募集賃料が100,000円前後なので年間売上が1,200,000円民泊運用の場合だと、180日営業で試算しても年間売上が約3,780,000円。うち予想利益が年間2,598,000円になるので、一般賃貸に比べ民泊運用の方が2倍以上の利益を見込むことも可能です。 例えば築古のファミリー向け賃貸マンションを保有されている方は、空室対策以外に、物件の利回りをあげるという観点からも民泊運用はおすすめです。

事例2築25年以上単身向けアパート×民泊(180日営業)

実質利回り
73.5
物件詳細
所在
名古屋市天白区
アクセス
最寄駅から徒歩10分
間取り
1K(20㎡)
収容人数
3人
形態
賃貸アパート1棟まるごと自己保有

収支項目

初期費用
物件取得費(仲介手数料/敷礼 など) 0円
届出/消防法における必要設備/建築基準法における必要設備/家具/電化製品/その他運用において必需品/インテリアコーディネートフィー/オープンサポート費用 など 800,000円
初期費用 合計 800,000円
月額収益
1泊あたりの宿泊費単価(清掃費除く) 6,000円/日(2名宿泊時)
180日営業した場合の宿泊費売上 1,080,000円/年
1か月あたりの売上(年間売上÷12か月) 90,000円/月
サイト掲載手数料 ▲ 2,700円/月
電気・ガス・水道 ▲9,500円/月
消耗品 ▲ 1,000円/月
インターネット ▲ 5,000円/月
不在型民泊用Check in Systemサービス ▲ 3,000円/月
火災保険料 ▲ 800円/月
代行手数料 ▲17,000円/月
その他諸経費 ▲ 2,000/月
オーナー様の利益/月 約49,000円

1K、1ROOMでの民泊活用の場合、収容人数が2人~3人となります。
単身やカップル、友人同士での観光客、出張で名古屋にビジネスパーソンなどがターゲットになります。

こちらの事例では都心から外れた住宅街にあり、かつ駅から歩いて10分するということから宿泊費単価の設定は少し低めに設定しております。

当物件は一般的な賃貸で募集した場合だと、築古で駅から遠く3点ユニットということもあり募集賃料が35,000円を下回ります(35,000円を超えると周辺で築浅セパレート物件が見つかるためです。)
ですので一般賃貸での年間売上が大体420,000円民泊運用の場合だと、180日営業で試算しても年間売上が約1,080,000円(うち予想利益が年間約588,000円)になります。

近隣で新築マンションが軒並み建設されている単身用物件の供給飽和エリアにおいても、民泊運用することにより収益をあげることが可能です。また、住宅街においてはホテルなどの宿泊施設の供給数が少なく、ライバルが少ないという面で大きなメリットを受けることができます。宿泊需要は観光客が集まる都心だけではないためです(但し、住居専用地域以外での運営に限られます。)

空室率も年々上昇し募集家賃を下げ続けるしか手立てが物件に関しては何部屋かを民泊として運用し、”空室対策”兼”利益確保”として民泊が大きな役割を果たすと考えられます。

事例3築古だけど駅近!都心物件の転貸×民泊(180日営業)

実質利回り
117
物件詳細
所在
名古屋市中区
アクセス
最寄駅から徒歩2分
間取り
2DK(45㎡)
収容人数
6人
形態
賃貸マンションを借りて転貸

収支項目

初期費用
物件取得費(仲介手数料/敷礼 など) 250,000円
届出/消防法における必要設備/建築基準法における必要設備/家具/電化製品/その他運用において必需品/インテリアコーディネートフィー/オープンサポート費用 など 1,100,000円
初期費用合計 1,350,000円
月額収益
1泊あたりの宿泊費単価(清掃費除く) 18,000円/日(6名宿泊時)
180日営業した場合の宿泊費売上 3,240,000円/年
1か月あたりの売上(年間売上÷12か月) 270,000円/月
家賃 ▲58,000/月
サイト掲載手数料 ▲ 6,750/月
電気・ガス・水道 ▲14,300円/月
消耗品 ▲ 3,000円/月
インターネット ▲ 5,000円/月
不在型民泊用Check in Systemサービス ▲ 3,000円/月
火災保険料 ▲1,000円/月
代行手数料 ▲44,000円/月
その他諸経費 ▲ 3,000/月
オーナー様の利益/月 約131,950円
2DKの場合、収容人数が6人~7人となります。毎月の家賃やその他経費を支払っても毎月利益が約130,000円(年間約1,560,000円)ほど確保できます。 不動産投資の中において転貸民泊運用はスモール投資の部類に入るかと思いますが、しっかりとリターン(利益)を確保できるスキームもあります。 利益を確保するために転貸での民泊運用を検討されている方は物件の選定作業が非常に重要なポイントになります。オーナー許可物件はさることながら以下のポイントにも注意して物件を探されることをおすすめします。 ・都心で駅から近く物件にエレベーターがある ・最低でも45㎡以上。築古でも構わないので極力家賃が安いお部屋にする(但し、リフォームが必要な場合もあり) ・消防法令で定める点検の報告を定期的に漏れなく実施しており、かつ不備がない。 ・部屋内に自動火災報知設備の感知器があるのが理想ですが、共同住宅特例の適用で感知器が室内にない場合は無線型の自動火災報知設備を設置する必要があります。

よくある質問

民泊運営における180日営業日数制限について
弊社は住宅宿泊管理業者ですので、法令に遵守し営業させていただきます。
180日営業完了後の残りの日数の営業方法に関してのご提案(家具家電付きマンスリー)もさせていただけます。
しかし、民泊での繁忙期と賃貸募集での繁忙期が重なるということもあり、180日営業でも年間通して試算した場合に、しっかりと利益確保できる単価の設定をいたします。
家具家電付きマンスリーの提案とは?
民泊営業において4月1日から起算して180日の営業が完了すると、翌4月1日までは民泊として営業することが出来ません。
民泊で営業する場合、お部屋に家具や家電を設置していますので、それらを有効活用するために家具家電付きのマンスリーとして賃貸募集することが可能ということです。弊社では名古屋市のマンスリー業者と提携しているため、そのような活用法でも募集のサポートもさせていただけます。
ただ、民泊業における宿泊契約と賃貸借における賃貸借契約では制約される法律も異なり、特に賃貸借契約では借地借家法の制限も受けるため、いくら期限付きの借家契約を結んだとしても不良入居者に遭遇した場合などのリスクヘッジもしなければなりません。
民泊の届出について
最終的な届出作業はお客様(法人の場合、担当者様)にしていただきます。
遠方にお住まいや手間暇かけたく方には代理人として届出作業ができる行政書士を紹介することも可能です。まずはご相談ください。
民泊届出において遵守すべき法律とは
住宅宿泊事業法はさることながら、建築基準法や消防法、名古屋市の条例の遵守も必要です。
建築基準法観点では、主に防火区画や、非常用照明の設置が挙げられ、消防法観点では、自動火災報知設備や誘導灯、懐中電灯設置、避難経路図設置が挙げられます。誘導灯やスプリンクラーなど一部免除される規定もありますが、消防設備は建築時に共同住宅特例が適用されているなど物件によって設備条件が異なるので必ず管轄区の消防署の予防課へ図面(出来れば竣工時のもの。リフォームをしている場合は、リフォーム後の図面)を持って相談にいかなければなりません。
また、物件によっては防火管理者、統括防火管理者の選任や消防計画の提出、防火対象物点検が必要になるケースもありますが、それほどややこしくはありません。 弊社では、一級建築士や防災屋もご紹介させていただき届出がスムーズにいくようにサポートもさせていただきますのでご安心ください。
依頼してから民泊営業開始できるまでどれくらいかかりますか?
新たに消防設備の設置の必要可否で変わります。事前に届出に必要な資料一式を用意しながら、管轄消防署の実地検査により消防法令適合通知書を受け取り、それらを持って管轄保健センターへ提出します。受理された後に届出番号を発行してもらい、物件の玄関ドアや郵便ポストなど指定の場所に標識を掲示すれば営業開始できます。
スムーズにいけば依頼から2週間~3週間以内で届出番号が発行される流れになります。
その他のよくある質問

無料
お問い合わせ

ご相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご相談内容
お名前
会社名
メールアドレス
電話番号
連絡可能な時間
お問い合わせ内容
民泊物件 ご用意の有無
民泊物件

  • 共同住宅(アパート、マンション)におきましては消防法施行規則で定める消防点検の結果報告を管轄消防署へ漏れなく実施しており、かつ不備がない物件に限ります。
  • 分譲マンションを区分所有されている方は、上記に加え、マンション管理規約で民泊運営を禁止する旨がないことが条件になります。
  • 転貸可能物件がありの方は、オーナーの許可並びに、賃借予定の物件が消防法施行規則で定める消防点検の結果報告を管轄消防署へ漏れなく実施しており、かつ不備がない物件に限ります。
物件情報アップロード
未選択
住所
間取り
㎡数(平米数)
民泊運用の経験
民泊仲介サイト
(Airbnbなど)への公開状況
民泊仲介サイト
(Airbnbなど)への掲載URL

※すでにAirbnbなどにお部屋を公開されている方はご入力をお願いいたします。
(例)https://www.airbnb/rooms/0000000

プライバシー・ポリシー

ウェブサイト「名古屋民泊サポート」(以下、当サイト)をご利用頂きありがとうございます。

当サイトを運営する名古屋民泊サポート(以下、当社)は、当社が業務上使用するユーザー様の個人情報について、個人情報保護法及びその他の関連法令並びに各ガイドラインを遵守し、その保護に厳重な注意を払って参ります。また、お客様からの申し出があった場合は、ご本人様であることを確認の上、お客様の個人情報の修正、変更、利用停止を致します。

但し、当サイトの業務提携先や当サイトを通じてアクセスできる第三者企業のサイトおよびサービス、懸賞や販売促進活動などを通してデータを収集している企業などは、当サイトとは独立した個人情報の保護に関する規定やデータの収集の規定を定めています。これらの独立した規約や活動に対して、当サイト及び当社ではいかなる義務や責任も負いかねます。

個人情報の定義

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレス等、特定の個人を識別することができるもの、及び他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものをいいます。

個人情報の利用目的

当社ではお客様からお預かりした個人情報の利用目的は以下の通りです。

空室情報・物件情報・更新情報などの連絡・表示
ユーザーの希望した問合せ先物件に対する問合せ内容の送信
イベント情報・お知らせ・メールマガジンなどの配信
サービス利用状況の調査・分析
その他「名古屋民泊サポート」を通じたサービスの提供
個人情報の第三者への開示

当社では、下記の場合を除いてはお客様の断りなく第三者に個人情報を開示・提供することはいたしません。

法令により、開示が要求された場合
お客様が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合
裁判所や警察等の公的機関またはこれらに準じた権限を有する機関から提供を求められた場合
お客様にサービスを提供するために必要であると当社が判断した場合

個人情報の適正管理

個人情報の適性管理お客様の個人情報は、最新の状態を確保し、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等の防止措置を講じます

個人情報に関する問い合わせ

ご提供いただいた個人情報の取扱いに関するご要望・お問い合わせは
info@300.co.jp
までお願いいたします。

スタッフを募集しております。